モース硬度表 K1237 [GS モース硬度表]

モース硬度表 K1237 [GS モース硬度表]

販売価格: 500円(税別)

(税込: 550円)

数量:

商品詳細

●台紙の大きさ約215×幅140ミリ
●日本語の説明書付き
●本セットにダイヤモンドは付属していません。
10,000円以上のご購入で送料無料♪


鉱物の「硬さ」を示す基準「モース硬度」の石をまとめたセットです。
硬さを示す台紙に、硬度1〜9までの石が貼り付けられています。
鉱物にとって、硬度はその石が何であるかを判断する重要な基準のひとつ。
鉱物マニアの方はもちろんご存じのはずですが、このようにまとめられていると面白いかと思います。
また、学習用の教材としても使用できます。
お子様に与えれば、鉱物や地質学に興味を持つきっかけとなり、テレビに登場する「博士ちゃん」みたいになるかもしれませんね。


モース硬度とは


19世紀ドイツの鉱物学者フリードリッヒ・モース氏により考案された、石の硬さを示す尺度です。
硬さを決める基準は単純で、「鉱物同士を擦り合わせたときに、傷がつくかどうか」で決められます。傷がついた方が「硬度が低い(柔らかい)」とされます。


モース硬度一覧


モースが硬度は10段階あり、もっとも柔らかい鉱物はモース硬度1、もっとも硬い鉱物はモース硬度10と表現します。
1〜10までの基準となる鉱物が設定されており、以下のとおりです。

1. タルク(滑石) → もっとも柔らかい石
2. ジプサム(石膏)
3. カルサイト(方解石)
4. フローライト(蛍石)
5. アパタイト(燐灰石) - トリフィライト(トリフィル石)
6. フェルスパー(長石)
7. クォーツ(石英〜水晶)
8. トパーズ(黄玉) - ベリル(緑柱石)
9. コランダム(鋼玉)
10. ダイヤモンド(金剛石) → もっとも硬い石


基準となる石をちょっと解説


もっとも柔らかい石は、タルク(滑石)。
2番目に柔らかい石ジプサムは天然石膏であり、セレナイトもその一種です。
6番目のフェルスパーは長石グループの呼び名で、その代表格はムーンストーン。
7番目のクォーツは、パワーストーンの代表格・水晶のことで、アメジスト(紫水晶)やシトリン(黄水晶)も同じ硬さです。
クォーツはしばしば硬さの基準として用いられ、クォーツと擦り合わせて傷がつく石は「柔らかい石」と表現されます。
8番目はトパーズとベリルが当てられ、ベリルとはアクアマリンやエメラルドなどの総称です。
9番目のコランダムは、ルビーやサファイアのこと。
もっとも硬い石であるダイヤモンドは、ダイヤモンド同士でなければ傷をつけることができません。(本セットにはダイヤモンドは付属していません)。


爪やナイフを使って硬度が分かる


ちなみに、硬度は私たちの身近なものにも当てはめられています。
爪の硬さは2.5、ナイフの刃は5.5。
もし何かの石を爪で引っ掻いて傷がついたら、その石の硬度は2.5以下と判断できます。
ナイフで傷ついたら、その石の硬度は5.5以下という具合です。


他の石の硬度は?


他の石の硬度を知りたい場合は、下記「パワーストーン意味事典」から個別の石のページを開くと、最下段にその石の「鉱物データ」が掲載されおり、硬度も載っています。
 ↓
パワーストーン意味事典

下記ブログに関連記事があります。
 ↓
『硬い石が、必ずしも割れにくいわけではない!?』



〜 パワーストーンの意味や効果に関する記述について 〜
・開運なびに掲載されている内容は、古来よりの伝説や、出版物、お客様よりお寄せいただいた情報、サイト管理人の個人的見解をベースに記載していますので、絶対的な効果を保証するものではありません。
・とくに健康面に関する記述は現代医学で効果効能が証明されているわけではありません。パワーストーンはあくまでお守り的なものとご理解ください。
・開運なびはいかなる宗教とも無関係です。安心してお楽しみください。
・開運なびに掲載された情報や、開運グッズを運用した結果生じたいかなる直接的・間接的影響も、開運なびでは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。