ペンジュラム

ペンジュラムとは、振り子占いのツールです。
本ページでは、天然石パワーストーンを使用したペンジュラムをご紹介しております。


ペンジュラムとは


ペンジュラムとは、振り子占いに使うための「振り子」のことです。ペンデュラム(pendulum)とも書きます。
ヒモなどの先に重り(振り子)を付け、その揺れ動き方によって「YES」「NO」を占います。
もともとは井戸を掘るための地下水脈を探す道具として、ヨーロッパでは千年以上前から用いられてきた手法です。
振り子占い自体はダウジングと呼ばれ、振り子を使う占い師はダウザーと呼ばれます。
古くさい迷信と思うかも知れませんが、ダウンジングは現代でも世界各地で行われており、水脈ばかりか油田の調査、行方不明者の捜索、食品の安全性の確認などにも使われています。アメリカにはダウジングの専門家(ダウザー)が、数千人いるといわれます。


なぜ振り子で占いができるの?


人間の心とは、実は無限の可能性を秘めていて、振り子に集中することで、潜在的な力が開放され、直感で知り得た波動を増幅するのでしょう。
著名な心理学者ユングは、人類の意識は深い部分ですべてつながっているとして、これを「集合無意識」と名付けました。知人のことを思い出したらその当人がひょっこり現れたとか、親しい人が危険な目に遭ったことが分かる“虫の知らせ”などは、こうした集合無意識のなせるワザとされます。
さらに、人の意識をもっと深く探っていけば、実は人類の集合意識から、その奥には地球意識、さらには宇宙意識にまでつながるともいわれます。


どんなことを占えるの?


ペンデュラムが答えられるのは、「YES」か「NO」かの二者択一の質問だけです。
ただこの点は様々に応用可能です。
自分にとってそれが「良い」か「悪い」か、何かがここに「ある」か「ない」か、ある行動を「するべき」か「しないべき」か・・・、など質問の設定次第で、かなり複雑な問題にも対処できます。
例えば、お目当ての異性が自分を「好き」か? →「YES」か「NO」
告白「するべきか」か? →「YES」か「NO」
この食材は私に「合う」か? →「YES」か「NO」
宝くじを「今日買う」べきか? →「YES」か「NO」
さらにはロト数字の出目をひとつひとつ占うため、「このコマに数字の1を書くべき」かか? →「YES」か「NO」・・・、などといった具合に応用できます。


どうやって占うの?


1. 浄化と準備
パワーストーンのペンデュラムなら最初に浄化を行い、占い役になってくれることを頼みます。
次に、自分にとって適当なひもの長さを決めます。いろいろ試してみると、ヒモのある部分で一番振り子が良く揺れる部分がありますので、そこを持つようにします。

2. 意識集中のウォームアップ。
椅子などに座り、ペンデュラムを片手で軽く前に下げ、振り子の先を見つめます。
「振り子は揺れる」と心の中で思います。すると自然に振り子が揺れ始めます。
次に、「振り子は止まる」と心の中で思います。やがて振り子は止まります。
これを数回繰り返すことで、集中力が高まります。

3. 「YES」「NO」の揺れを確認する
質問に対して、振り子が時計回りに回れば「YES」、反時計に回れば「NO」という意味であるとよくいわれます。
しかしこれは一般的な回答であり、個人個人によって振り子の動きは変わってきます。
そこでまず、答えがはっきりしている質問をして、振り子の動きを確かめます。
例えば;
あなたが女性である場合、「私は女ですか?」と言う質問に対し、振り子が時計回りに回れば、それが「YES」の動きになります。「私は男ですか?」という質問で時計回りに回れば、その動きは「NO」を意味することになります。
回転運動の他に、上下に揺れたり、左右に揺れたりする場合もありますから、「ここは日本ですか?」「私は金属ですか?」など、答えのはっきりした質問をいくつか行い、自分にとっての「YES」「NO」のきを確認しておきます。

4.占いを開始します
質問はあらかじめ考えておき、機械的に質問していくようにします。
質問に必要な物品も、あらかじめ用意しておきます。例えば、自分に合ったアロマオイルを探すときは、候補のオイルを机の上に並べておき、ひとつひとつ「このオイルは私に有益ですか?」という具合に占います。

5.占い終了
大いなる知恵を与えてくれたことを、聖なるものと、ペンデュラムと、自分自身に感謝し、占いを終えます。


何かコツはあるの?


ペンデュラム占いを成功させるコツは、自我を捨て、主観を排すことです。
占いの最中にいろいろなことを考えると、「こうあって欲しい」「こうであるはずがない」などと主観が入ってしまいます。そのため、質問は最初に考えておき、機械的に質問していくようにします。
アクセサリーや時計などの類ははずし、できるだけリラックスして、ゆっくりと規則的な呼吸を繰り返し、瞑想状態に入るようにします。そして、ペンデュラムを持つ手を「聖なるものに任せる」と意識しましょう。
占いの前にシャワーやお風呂に入って、身を清めておくのも良いですね。

また、主観の入った誤った答えを得ることを避けるため、すべての質問が終わった後に、「今日得た答えは私にとって正しいですか?」とか「私にとって有益ですか?」などと再確認の質問をすることもオススメします。

それでは、GOOD LUCK !

7